プレハブに換気扇を取り付ける意味と重要性

プレハブは通常の住宅とは違い面積が狭いため、空気がこもりやすくなります。そのため、換気をしなくてはなりません。換気しないでいると雨や風を防ぐことができても、人間の身体に悪影響を与えてしまうことがあり、シックハウスの症状を引き起こしてしまうことがあります。ですので、人間が過ごしやすくするために換気することは大切です。プレハブに換気扇を取付けて、空気の循環を行ないましょう。

換気扇交換をスムーズに行なうための基礎知識

換気にも種類がある

常時換気
室内には、人間が呼吸した際に体内から出る炭酸ガスや室内に充満している水蒸気、ホコリ、チリ、煙など色々なものが発生しています。汚染された物質はいつどこで発生したか、どれくらいの量なのか特定することはできません。そのため、室内全体の常時換気をしておく必要があります。常時換気は室内の空気を常に入れ替えをして、汚染物質を効率的に追い出すことができます。
局所換気
キッチンでの料理や、室内で喫煙している、掃除を行なっているなどの場合は、常時換気ではなく局所換気が最適です。局所換気は、必要な時に行なう換気方法になります。換気方法としては目的に応じて風量を変えることができます。また、部屋が嫌な臭いがする、来客人数が多くて空気がこもっているという場合には、局所換気で改善することができます。この換気方法は、常時換気とは違い集中的にすばやく換気してくれます。それぞれ換気目的が違うので確認しておきましょう。

目的に応じた換気扇選び

面倒な性格なので(20代/男性/会社員)

換気扇が高い位置にあって掃除する度に面倒だなと感じていました。汚れにくいフィルター付きタイプのものにしてから、面倒な掃除が楽になりました。汚れていてもルーバーを外さなくてもいいし、掃除機を使って手入れができるので、面倒くさがりな僕でも気軽に換気扇を掃除することができます。手が汚れないし、掃除にかかる時間も短くなりました。

やっぱり快適さは重要(20代/女性/学生)

換気扇を変えた時に、熱交換形のものにしてもらいました。夏や冬になるとクーラーを付けていたんですけど、涼しくならなかったり、暖かくならなかったりして電気代も高くて困っていました。換気扇の交換をして、熱交換形タイプを取付けてもらったら、室内が快適な温度になって過ごしやすくなりました。さらに、交換をしたことによって電気代も前より安くなっていました。

TOPボタン