複数の設備をまとめているスイッチ

電気トラブルは突如訪れる

照明と換気扇の連動スイッチが突然動かなくなった(20代/男性/学生)

照明や換気扇のスイッチを入れると、普段は動くのに突然動かなくなってしまいました。また、電気回線を含む設備も故障してしまいました。なんの前触れもなく突然壊れてしまったので、困った状況が続いてしまいました。ブレーカーを落としてみて対応してみましたが、あまり状況が良くならなかったので、自力でどうにかしました。

連動スイッチの仕組みは複雑(20代/女性/主婦)

トイレから出て、壁面に取り付けられたボタンを押しました。すると、ボタン部分が押し込まれている状態で、何回かボタンを押しても照明や換気扇も回りっぱなしで無反応でした。スプリングの故障や回線の不具合か分かりませんが、しばらく放置しても改善されませんでした。自力で直そうと思っても仕組みが複雑で自分で対応することができません。

連動スイッチの不具合は専門業者へ依頼

連動スイッチの不具合は自力で直すのは難しいです。直せたとしても一時的なもので、再度起きてしまう可能性がありますし、余計に悪化させてしまう原因になります。連動スイッチの不具合を改善するためには、電気工事士の専門知識がないと改善することができません。そのため、自力でどうにかするのではなく、専門業者に相談しましょう。電気工事を専門としている業者に依頼すると、大体8000円から10000円程度の料金が相場になっています。プロのスタッフが対応してくれるので、連動スイッチの不具合が起きてしまった原因、それに見合った工事を行なってくれます。

古いスイッチは交換がオススメ

修理と交換

換気扇と照明の連動スイッチが壊れてしまいました。結構古いですし修理するか交換するか迷っています。
連動スイッチの故障は経年劣化が原因で起きてしまいます。故障した場合は、修理をしようと思われている方もいるでしょう。ですが、修理ではなく古いタイプであれば交換をおすすめします。また、通電している場合でも、スイッチそのものが古くなっているのであれば修理ではなく交換がした方が良いと思います。故障したスイッチをどうにかするのであれば、電気工事業者に依頼をした方が楽です。常備されているスイッチの中からそれに適した交換作業を行なっています。
TOPボタン