プレハブでテレビがみたい~正しいアンテナ取り付けの方法~

テレビを見るために必要なアンテナ

地デジを受診するならUHF
VHFアンテナやBSデジタルアンテナでは、地上デジタル放送を受信することができません。受信するのであれば、UHFアンテナを取付ける必要があります。また、今使用しているのがUHFアンテナで、地上デジタル受信チャンネルに対応していれば、そのまま使うことができます。対応していなければ、UHFアンテナを交換しなくてはなりません。
プレハブでも室外用アンテナを取り付けよう
プレハブ内にアンテナを取付けた場合、受信状況や立地条件などで見れない場合があります。また、映像を見ることができても、部屋の中で人が動いてしまうと反射状況が変化してしまい、映像が途切れてしまうこともあります。アンテナをプレハブに取り付けるのであれば、室外用アンテナが適しています。

アンテナ取り付けの分配工事を利用

母屋のアンテナを利用してプレハブ内のテレビを視聴できるようにすることはできますか?
母屋に取り付けているアンテナを使って、プレハブ内でテレビを視聴はできます。プレハブ内で視聴するためには、屋外用の分配器を使用しましょう。屋外用の分配器を使用することで、1つのアンテナで受信した複数の映像をテレビで見ることができます。母屋からプレハブ内でテレビを視聴するには、分配器やアンテナだけでなく、ケーブルも必要になります。室外用の分配器は、目的に合わせたものを選ぶことができ、BS放送は見ないのであれば、室外用分配器は1端子通電形を選びましょう。また、地上デジタル放送とBS放送を視聴するなら全端子通電形を使用しましょう。

アンテナ工事はどこに頼むのがお得か

家電量販店と電気工事業者を比較

家電量販店
家電量販店にアンテナ工事を行なってもらう方もおり、DIYで取付けるよりも楽です。また、家電量販店の会社であれば信頼度としても高いので安心して依頼できます。しかし、料金としては基本的に定価でしか対応してくれません。また、工事は家電量販店では依頼したスタッフだけでなく、連携している工事店に委託するので、紹介料として請求されます。
電気工事業者
電気工事専門としている業者であれば、技術や知識に熟知しているスタッフが対応してくれます。工事にかかる料金としては、家電量販店とあまり大差はありません。ですが、家電量販店と比べると、電気工事業者では、工事の相談をすることができ、値段などの交渉もしやすいといえます。また、業者によっては高い実績数をもっているところもあるので信頼性もあります。
TOPボタン